カテゴリー

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

畑 貴博

こんにちは!!
CLOSET 店長畑です。
10月10日でオープン5年目になりました。
サイトを観覧およびお買い上げいただいたお客様、誠にありがとうございました。
今後もお買い物を楽しんでいただけるサイトを目指しがんばります!!
ブログ、twitter(https://twitter.com/reckless2422)でも情報を発信してますので、そちらもよろしくお願いします。
では、CLOSETでのお買い物を楽しみ下さい!!

店長日記はこちら

モバイル

売れ筋商品

Feed

オススメ!!オンライン古着屋
オンライン古着屋RISH
ファッション用語

 

 

■アクアレザー
従来のウォッシャブルレザーと異なり、革本来のしなやかさ、軽さを保ちながら、水による品質変化の防止に大変優れています。

 

■アシンメトリー
左右非対称の意味。対シンメトリー 対称。

 

■圧縮ニット
ニットを圧縮し目をつまらせてある。
編み目がつまってるので、弾性、保温性に富んでいる。

 

■インチ
1インチ=2.54cm
参考)30インチ=76.2cm 31=78.7cm
あくまで参考のサイズ計算です。パンツにより実寸はかなり変わるので、お買い物の際は実寸を確認しましょう。

 

 

■ガゼット
首周りの前後に伸縮への補強として施されたV字ガゼットが特に有名。また他にも汗止めのために施されたという説もあり。

■キャスケット
散歩や狩猟などでかぶる男性用の帽子のこと。この型を応用して作られた婦人帽もあり、現在は男女ともにかぶられる。
キャスケットは、しっかりした前ヒサシが付いた帽子の総称だ。日本の学生帽にも似た形でクラウンは平たく、素材は比較的やわらかい布、フェルトやコーデュロイなどを使って作られている。
1960年代半ばに登場したモッズルックでも取り入れられ、モッズキャップと呼ばれることもある。
なおハンチング帽がイギリス生まれの男性用で、キャスケットの原型となっていて、キャスケットはフランス生まれの女性用でハンチング帽の派生型というのが定義とされる。

 

■クラッチバッグ
「クラッチ」とは「しっかりつかむ」という意味で、取っ手の無い、手で抱えるバッグの総称です。
 薄型で横長のものが多く、ストラップをつけたものや鎖をつけたものもあります。

 

■クルーネック
ラウンドネックライン(丸いネックラインの総称)の代表的なもので、首もとが丸く詰まった「丸首型」のネックラインをいう。
クルーは「船の乗客員」の意味で、船員の着るセーターによく見られることからその名がついた。

 

■クレリックシャツ
衿と袖が身頃と違っているシャツの事。 1920年代に流行した。

 

■クロップドパンツ
クロップドは「刈り込まれた、切り取られた、切り落とされた」の意味。クロップパンツ、クロプトパンツ、カットオフパンツともいう。
クロップドパンツは、裾丈を通常よりも短くカットしたパンツ。大体が、6分丈から7分丈のもので、ルーズなウェストラインと絞り気味の裾ラインを特徴にしたものが多くシルエットは様々だ。

 

■ケミカルウォッシュ
ジーンズの製品洗いの一種。
水を用いないで、漂白剤をまぶした軽石を製品に入れ、ワッシャーで洗う。
むらの強い脱色効果が得られる。

 

■ケーブルニット
縄編みを特徴とするニット。
ケーブルは太編の意。

 

■ゲージ
1インチ(2.54cm)間の編み針の本数。
3Gなどの数字が小さいと網目が粗くローゲージといい、10Gなどの数字が大きいと網目が密でハイゲージという。

 

■コーデュラ
コーデュラ®とは、ナイロンの7倍もの強度を持つ耐久性に優れた繊維に対するインビスタ社の登録商標である。

 

■サルエルパンツ
全体にたっぷりとした布使いで股の部分が裾近くまで下がり、膝から足首にかけての裾部分が細く絞られている形のパンツ。
もとはイスラム文化圏の民族衣装。

 

■サンドウォッシュ加工
細かい砂を液流の中に入れて布地をもみ、中古感覚を出す加工のこと 。

■ショップコート
工場とかで仕事をしている人が、急な来客が来たときに作業で汚れた上から羽織ってお客さんに対応するために作られたとされてる。

 

■ショールカラー
「糸瓜(へちま)カラー」、「糸瓜衿(へちまえり)」とも呼ばれる衿の事。
ちょうどショール(肩掛け)を掛けた時のようになだらかな線が続いた衿型。

 

■シンチバック
ワークパンツ・ジャケット・ベストなどのウエスト部分のベルトのこと。
サイズを微調整できます。

 

■ストローハット
ストローは麦わらの意味。カンカン帽という俗称のストローハットは麦わら製の帽子の総称。
日本ではツバ広の「麦わら帽」が多いが、欧米のストローハットの形はさまざま。
ツバの狭いものが主流で、レースやコサージュ、ペインティングで装飾したり、リボンをプラスしたり、ツバを切りっぱなしにしてクラフト感を出す場合もある。

 

■スヌード
毛糸などで編まれた筒状のネックウォーマーのこと。マフラーやストールと違い、先端が繋がっていて輪っかになっているのが特徴。
もともと女性が髪を束ねて留めておくヘアネットやネット帽子を意味する。

 

 

■タイダイ
絞り染めのこと。
英語でtie=「絞る」、dye=「染める」という意味をもち、tie-dyeing(タイダイイング)の略。

 

■ツイル
織物組織の三原組織のひとつの綾織りのこと。
織り目が斜めのうね状にみえる織物の総称。

 

■ツートンカラー
色調が異なる二つの色を組み合わせて配色することを言います。
バイカラー

 

■テーパード
先細りになったの意味。
パンツの場合、裾に向かってだんだん細くなっているパンツのこと。

 

■トグル
留め具の一種。トグルは「(舟の編を繋ぎ留める)留め木」の意で、それに似た浮子型の留め具を言う。
それにトゥ(舟の引き網)型のロープと組み合わせておもにダッフルコートの打ち合わせに用いる。
材質は木、竹、プラスチック等。

 

■ドルマンスリーブ
ほぼ身頃と一体になったような袖のことで、袖付けが広いのが特徴。
袖付けが肩からウエストラインに届くほど広く、手首に向かってだんだん細くなります。

 

■ドンキーブルゾン
名前の由来でもある「ロバの耳」をイメージしたリブ編みのショールカラーが特徴。

 

 

■ネオンカラー
ネオンのように輝いて見える派手な色や蛍光色のこと。

 

■ネップ
繊維の小さな塊のこと。

 

 

■パナマハット
パナマハット(パナマ帽)は、本パナマを素材に使用して作られた、夏用のつばが付いたハットのこと。
本パナマは熱帯地方に生息するトキアという植物(いわゆるパナマ草)を原料としている。それ以外を素材するパナマハットもあるが、その場合は本パナマではなく雑パナマを使用しているという。

 

■パラフィン加工
パラフィン(ロウびき)加工とはテントやトラックの幌などに使われている防水加工のひとつで、綿素材にコーティングする事で撥水性を持たせる効果があります。
はじめは少し生地に硬さがありますが、使い込むうちに柔らかくなり、素材本来の風合いが増していきます。
パラフィン加工の表面の蝋の性質上、白いヒビのような皺が出ます。

 

■帆布
厚手の平織り綿布をいう。太い糸で密に織られているため丈夫で、船の帆、テント、靴などに用いられる。
帆布は1号から11号まであり、数字の小さいほど厚くなっている。

 

■ハリスツイード
スコットランドのアウターヘブリディズ諸島産の手織りのツイードのことである。
スコットランド産羊毛を使い白髪のような差し毛の混じった、粗い触感が特徴で、必ず綾織か杉織にされる。
ロンドンのハリスツイード協会の商標でもあり、合格品には十字のついた印が付記されている。

■ピース
ガゼットとも呼ばれ、前身頃と後身頃の繋ぎ合わせ部分を補強するために付けられています。

 

■フロスト加工
古着等に見られる日焼けした状態を表現するため特殊な薬品に漬けてはまた上げ、また漬けては上げるということを 繰り返し、
酸化させることによって色ムラのある状態に仕上げる加工方法です。

 

■ブレードハット
ブレードとは、編んだり組んだりしたテープ状の紐(ひも)のことです。
ブレードハットとは、ブレードを渦巻状に編み上げてつくった帽子のことです。

 

■プレッピースタイル
preppy(プレッピー)とは、名門私立学校に通学している良家の子息に対する俗称のことで、アメリカで一流大学に進学するための名門私立高校をpreparatory schools(プレパラトリースクール)と呼び、これを略してプレップと呼ぶところから来ています。「お坊ちゃん」という意味合いがあります。
プレッピースタイル【preppy style】は、アイビールックにより新しい、若めのテイストを加えたスタイルです。伝統的で上質の服を着くずしたコーディネートが特徴です。
アイテムとしては、ショート丈のボタンダウンのシャツ、ショートパンツ、ジーンズ、ローファー、エンブレムブレザー、カーディガンなどがあります。

 

■ベイカーパンツ
パン職人が仕事用に用いたのが「ベイカー」の由来という説が有力。
フロントやバッグに外付けのポケットがあり、バッグポケットにはフラップが付いたパンツ。

 

■ヘリンボーン
「ニシンの骨」の意味を持つ生地で、生地のストライプの見た目がニシンの骨に似ていることから名付けられたといわれる。

 

■ボタンダウンシャツ
ボタンダウンカラー(ボタン留め衿)の付いたドレスシャツのこと。
台衿の先端を身頃の部分に小さいボタンで留めるように作られている。

 

■ボートネック
ネックラインの一種。ゆるやかな曲線で横に広くくられた、浅い船底形の衿ぐりを指す。
鎖骨に沿ってカーブを描いた衿の開き方で、両肩へ横に長く広がった、船底のような衿ぐりの形だ。くられ方が浅いため、底に当たる部分が比較的上まで詰まり、首周りの露出が比較的少ないのが特徴。

 

 

■マウンテンパーカー
アウトドア用の機能的なフード付きジャケット。
防風性と防水性を布地で作られ、紐付きのフード、ドローストリングウエスト(ウエスト部分の紐を引くことでサイズを調整するデザイン)、マジックテープ使いの4個のパッチ&フラップポケットなど、機能的で実用的なデザイン。

 

 

■ヨーク
ヨークとは背面の肩から背中にかけて後身頃と繋ぐ部分をヨークといいます。
ヨークの幅が狭いほどドレッシーに、広くなるほどカジュアルに見えるためシャツのデザイン性も担っています。

 

 

■ラウンドカラー
衿先に丸味をもたせたシャツ衿の総称。

■ラグラン・スリーブ
襟ぐりから脇下にかけての斜めの切り替え線を入れ、肩と一続きになった袖部分を身頃につけた袖。
クリミア戦争で活躍した英国のラグラン将軍が考案したとされる。

 

■リアルクローズ
現実性のある服のこと。
一般庶民でも金銭的に購買可能な価格にあるファッション性の高い既製服。

 

■リベット
補強のために打つ金属性のびょう。
ワークウエアのポケットや袖口などの止り位置につける。

 

■ローライズ
股上の浅いパンツの総称。
腰骨で履きます。

 

 

■ワッチキャップ
ワッチキャップとは、本来は漁師が仕事の際に用いていたものを、水平の艦内帽として用いるようになったもので、ニット製の頭にフィットしたデザインのものの総称。
正式には「ウォッチ(見張り)キャップ」と呼ばれるが、日本ではなまって「ワッチキャップ」と呼ばれる。
一般的には目が詰まったゴム編み製のもので、下縁を深く折り返してかぶられる。

 

■ワッフル素材
洋菓子のワッフルに似た凹凸感からいわれる。

 

英語

 

■Aライン
クリスチャン・ディオールがコレクションで発表したドレスのシルエット。基本ラインのひとつと言われてます。
AラインのワンピースやAラインのスカートなどは定番のアイテムです。
アルファベットのAの字型のシルエットで、上のほうが小さく、下へ行くほど裾広がり。

 

■Iライン
トップスもボトムスもピッタリと身体にフィットするライン。

 

■Vライン
V字形ライン、逆三角形のシルエットの事。
パッド使いにより肩を張らせ、トップスにボリュームを持たせ裾つぼまりしたシルエット。

 

数字

 

■60/40クロス
60/40クロスは横糸にコットン、縦糸にナイロンを配し、その比率を60対40(正確には58%対42%)で編み込まれた布地です。
コットンである横糸が湿気を吸収して膨らみ、ナイロンの縦糸を圧縮して、適度な防水機能と防風効果を発揮します。
乾燥時にはコットンが収縮し適度に衣服内の湿度を放出するため、常に快適な衣服内環境が形成されます。
コットン100%より軽く、ゴワつかないので着心地はソフトで、
ナイロン100%よりも摩擦や引き裂きに対して優れた耐久性を持ちます。

 

 

 

 

※辞書やネットなどで調べています。
 一部表現などがちがう場合があります。

ピックアップ商品

ノキシジル